INFORMATION

遺言を書いた方が良いケース⑧

民法には「遺留分」といって、遺言で相続人のうちで相続財産をある人に渡さないことにし
ても、最低限保証される権利があります。あとで、金銭を請求できる権利です。そのような
遺留分に配慮した遺言を残すことも重要になります。
#らくらく遺言 #自筆証書遺言書保管制度 #相続対策 #遺産分割がいらない

PAGE TOP