相続手続きの流れ

STEP1 相続の開始

被相続人の死亡によって相続が開始されます。

死亡届を死亡診断書とともに市区町村役場へ提出いたします。(葬儀社が代行されることが多くなっています。)

STEP2 遺言書の確認

被相続人が生前遺言書を遺されていたか確認いたします。

公正証書で作成されていた場合は、公証役場にて確認することができます。

STEP3 相続人調査

被相続人の出生からお亡くなりになるまでの戸籍謄本・除籍謄本・原戸籍等を全国の市区町村役場からお取り寄せし、どなたが法律上の相続人になるか確定いたします。万一、相続人調査の結果、面識のない相続人が発覚した場合、ご依頼主本人様からお手紙等でご連絡を取っていただきます。ご希望がございましたら、司法書士がご依頼主の使者としてお手紙等でご連絡を取らさせていただきます。

STEP4 相続財産の確認・生前贈与の確認

不動産、現金、預貯金、有価証券、自動車、負債(借金・連帯保証)などの相続財産を確認していただきます。財産が多岐に渡る場合などは、財産目録をお作り致します。

不動産に関しては、固定資産課税明細書から判別することが多いですが、固定資産税がかかりにくい田畑や山林を所有されている場合などは名寄帳を取り寄せして確認することもあります。

負債に関しては、預貯金の明細状況や信用情報機関にて調査して確認いたします。

また、被相続人から生前贈与があったか否かも確認いたします。贈与契約書の有無や通帳の引き出しや振込などより確認いたします。

3ヵ月以内 STEP5 相続放棄・限定承認の申立

負債がある場合等は、相続放棄・限定承認を検討します。なお、相続財産を処分されると相続放棄ができなくなることがありますので、注意が必要です。

4ヶ月以内 STEP6 準確定申告

被相続人が毎年確定申告されていた場合等は、確定申告をします。

STEP7 遺産分割協議書作成

相続人間で、財産をどのように分けるか話し合いをしていただきます。遺産の分け方は法定相続分通り(民法で決められた割合)でも良いですし、おひとりが全ての財産を取得することもできます。ただし、相続人全員の同意が必要となります。その協議の内容を法的に問題がない+手通上問題がない形で遺産分割協議書を作成いたします。

STEP8 遺産分割協議書へ署名捺印

遺産分割協議が整いましたら、遺産分割協議書を作成し、相続人全員の署名(記名でも可能ですが出来るだけ自署が望ましいとされています)と実印での捺印が必要となります。また、実印の照合もあり印鑑証明書の準備も必要です。

STEP9 財産の名義変更

遺産分割協議書に署名捺印が出来ましたら、遺産分割協議書をもとに不動産等の名義変更を進めていきます。また、相続に関わるその他の手続きも行っていきます。

STEP10 相続財産の現金化

「相続不動産を売却される。相続株式を売却される。」など現金化して相続財産を分割(換価分割)する場合、代表相続人もしくは相続人全員に名義変更した上で、売却することになります。相続税以外の税金(譲渡所得税等や健康保険料等)が発生することがありますので、売却する前に専門家のアドバイスを受けられることをおススメいたします。

STEP11 代償金の支払い

不動産を相続する代わりに、相続人自身の自己資金をもって他の相続人に支払い(代償分割)する場合、遺産分割協議書に定められた期限までに、代償金の支払いをする必要があります。

10ヶ月以内 STEP12 相続税申告

相続財産の合計が基礎控除額(3000万円+600万円×法定相続人の数)を超える場合、相続が発生してから10ヶ月以内に管轄税務署に申告・納税します。

PAGE TOP